告知

11月16日より1週間、東京杉並にある映画館阿佐ヶ谷ユジクにてドキュメンタリー映画「センス オブ ワンダー」が上映されます。

1960年代初めに環境問題に警鐘を鳴らしたレイチェル・カーソンの名著「沈黙の春」、その元となる感性の記録をカーソンの本の翻訳者でもあり、エッセイストの上遠恵子さんがレイチェルのゆかりの地をおとづれ、著書とレイチェルを語っていきます。

その後、上遠恵子さんによる講演の模様を撮影した6分ほどの作品も上映されます。ぜひ劇場まで足をお運びください。

Seikou Akiba  

 

Akiba Filming Studio

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now